顧客ノートを見て反省

風俗嬢がプロ意識を持ってお仕事をするということは、マナーや言葉遣い、テクニックや知識などあらゆる部分にまで気を回してお客様のことを考えてお仕事をしなければなりません。
やはり、考えてみるとたくさんの事が求められるという事がわかるはずです。
もちろん、全部を意識しなくても一日3万円~5万円は普通に稼げます。
意識していない女性のほうが圧倒的に多いですので、努力する必要性を感じない女性が多いのかもしれません。
ただ、より上を目指そうとするなら更なる努力が必要となります。
確かに大変に思えるかもしれませんが、それらが自然にできるようになった時には大きく成長できるようになっているということなのです。
マナー、言葉遣い、テクニック、容姿のケアなどは風俗嬢という職業をしている時だけでなく、プライベートや次の仕事でも自分の役に立つことばかりでもあるのです。
次に、勤務が終了してからもプロ意識を持つことで更なる上を目指せるということが出てきます。
要するに、プロの風俗嬢は帰宅したらそれで終わりではないということです。
プロ意識を持っている風俗嬢は、勤務中に顧客ノートというものを作っている女性もいます。
お客様との会話の中で得られた情報を、自分専用の顧客ノートに記録しておくということです。
お客様の好きなお店、好きな食べもの、趣味や休日の過ごし方、家族構成、などなど何でもいいのです。
次に指名してくれた時のために、会話のネタとして活用できる情報は何でも書き留めておくのです。
理想は一日に接客したお客様全員を記入する事で、その記入というのは接客直後が望ましいとされています。
プロ意識を持った風俗嬢というのは、こういった出勤中に記録した顧客ノートを見返して自分の記憶にもう一度刻みこんでいます。
接客中を思い出しながら、「もっとこうすれば良かったかも」、「次はこうしよう」、と反省と次の目標を自分の中で作っているのです。
やはり、お客様が喜んでくれるというのは、当然のように自分も嬉しくなると思われます。
お仕事の為に何かしらの努力を積み重ねている風俗嬢は、いざ接客でそれをお客様に喜んでもらえるということはとても嬉しいことでもあるのです。
逆に、お客様が喜んでくれなかったり、微妙そうな反応だった時にはその分落ち込んだりもします。
でも、それを次に活かしてまた明日から頑張る姿勢が大切で、以前にできなかった事ができるようになった瞬間はとても仕事にやりがいを感じるものです。
このやりがいを積み重ねて行くことで、仕事へのプロ意識が育まれていくということなのです。

テクニックや知識など

風俗嬢のお仕事は「究極の接客業」だというようにいわれています。
適当に風俗嬢をやっていれば適当な金額しか稼げませんし、しっかりとプロ意識を持って風俗嬢をやっていればその分お給料として自分に返ってくるはずなのです。
そこで、プロ意識として大事になってくるのが「マナー」と「言葉遣い」という部分になります。
ある意味、風俗嬢というお仕事をしていれば、プロ意識は薄くても最低限持っていなければならないものでもあるような気がします。
これにプラス、「テクニック」というものもプロ意識として必要になってくるのです。
キス、リップ、手コキ、フェラ、素股、というのが自分が行うサービスで、まず磨かなければならないのはこの5つが一般的になります。
加えて、感じ方と雰囲気作りのテクニックも磨く必要があり、更にお店の種類や格式によってお店独自のサービスを身につける事が求められてくるのです。
これにプラス、風俗のことや礼儀作法、男性のことや性病のことなどの知識も身につければなお良いとされるでしょう。
後、体力と精神力も大事になってきます。
たとえば、週6の9時間でも全く平気な女性もいますし、週2の3時間でも体力的に辛くなる女性もいます。
こちらは個人差が大きく出るところで、手コキや素股をしている時間が長ければ体力的に大変ですが、受け身の時間が長ければ体力的には楽になります。
共通していえるのは、体が部分的に痛くなる事です。
これは、風俗嬢になる女性の多くが抱える悩みの一つで、たとえば接客するお客様のほとんどが毎回乳首を愛撫してきますからどうしても痛くなってきます。
また、お客様との会話のやりとりで毎回同じ事を言われると精神的に疲れてくる事もあります。
たとえば、「なんでこの仕事してるの」、「こういう事が好きなの」、といったような趣旨の質問をよくされるはずです。
とても無神経な質問ですが、1日に1回は言われてしまいますので、しばらく働いていると精神的にウンザリする事もあるのです。
最後に、容姿の部分にまでプロ意識を持ったほうがいいかと思われます。
そこは、元々の容姿よりも自分の努力する部分が大きい部分でもあります。
たとえば、体型を維持する為に毎日の食事に気を配ってエクササイズをしたり、きれいな肌を維持する為に毎日ケアを怠らない努力も必要なのです。
また、元々の容姿よりも綺麗に可愛く見せるために、メイクの勉強をする必要もあったりもします。
本当に高収入を稼いでいる風俗嬢というのは、これら全てに関してプロ意識を持ってお仕事をしているということになってきます。

マナーや言葉遣い

風俗店で働く女性のほとんどは、高収入を目的として風俗で働き始めることになります。
ですが、風俗嬢になったからといって誰でも高収入が得られるわけでもないのです。
風俗のお仕事というのは、基本的に完全歩合制としてお給料が発生してきます。
要するに、めちゃくちゃな繁盛店以外はお客様の指名というのが大きな鍵となってくるのです。
働き始めたばかりはわからないかもしれませんが、ある程度お仕事に慣れてくるとひっきりなしにお客様からの指名を受けたいと誰でも思うものでもあるのです。
そして、このお客様からの指名がたくさん取れるということにはメリットしか存在してきません。
今よりも指名が増えたとしたら、お給料がかなりアップして風俗のお仕事から卒業できる日が大幅に早くなるのです。
そういった風俗嬢になる秘訣は、仕事に「プロ意識」を持つこと以外ないように感じます。
実のところ、風俗嬢という職業はとても高度なものでもあるのです。
一般的には良いイメージを持たれない職業ですが、サービス中にしている事を一つ一つ見ていけば、それはとても価値があるものでもあります。
世間のイメージが悪いせいで、風俗嬢という職業について真剣に考えた人自体が少ないのが理由の一つであり、なかなか価値を見出しにくいものでもあるのも事実なのです。
要するに、「プロ意識」が身に付けば指名がひっきりなしになる事も決して夢ではないということです。
一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、「風俗は究極のサービス業」といわれています。
風俗嬢がお客様に提供しているのは、「喜ばせて活力を与える」ということです。
風俗嬢というのは、プレイを通じて人を喜ばせ、明日への活力を与える職業なのです。
では、なぜ風俗の仕事は究極といわれているのかといえば、それは本来求められるものが非常に多く、一つ一つを習得するのが簡単ではないからだといわれています。
そこで、本来風俗嬢に求められるものといえばどういったものなのでしょうか。
まず、一番大事なのは「マナー」という部分になってきます。
高級ソープとピンサロで求められるマナーが違うように、在籍するお店の料金帯で求められるマナーが変わります。
最低限の礼儀作法は変わりませんが、高級店になるにつれ相手を心地よくさせるマナーが求められるようになってくるのです。
ソープランドを例にすれば、お客様の洋服をきれいに畳んだり、服の脱ぎ方も厳しく指導されるお店もあり、時にはお客様の性格やノリに合わせて少し崩した接客をする事もあります。
この場合は、最低限の礼儀をわきまえつつ、相手と距離を縮める方法を覚えていく必要があるということなのです。
これと、同時に言えるのが「言葉遣い」になってきます。
ある意味、接客業で「言葉遣い」がなっていないということは論外に値するように思えます。