顧客ノートを見て反省

風俗嬢がプロ意識を持ってお仕事をするということは、マナーや言葉遣い、テクニックや知識などあらゆる部分にまで気を回してお客様のことを考えてお仕事をしなければなりません。
やはり、考えてみるとたくさんの事が求められるという事がわかるはずです。
もちろん、全部を意識しなくても一日3万円~5万円は普通に稼げます。
意識していない女性のほうが圧倒的に多いですので、努力する必要性を感じない女性が多いのかもしれません。
ただ、より上を目指そうとするなら更なる努力が必要となります。
確かに大変に思えるかもしれませんが、それらが自然にできるようになった時には大きく成長できるようになっているということなのです。
マナー、言葉遣い、テクニック、容姿のケアなどは風俗嬢という職業をしている時だけでなく、プライベートや次の仕事でも自分の役に立つことばかりでもあるのです。
次に、勤務が終了してからもプロ意識を持つことで更なる上を目指せるということが出てきます。
要するに、プロの風俗嬢は帰宅したらそれで終わりではないということです。
プロ意識を持っている風俗嬢は、勤務中に顧客ノートというものを作っている女性もいます。
お客様との会話の中で得られた情報を、自分専用の顧客ノートに記録しておくということです。
お客様の好きなお店、好きな食べもの、趣味や休日の過ごし方、家族構成、などなど何でもいいのです。
次に指名してくれた時のために、会話のネタとして活用できる情報は何でも書き留めておくのです。
理想は一日に接客したお客様全員を記入する事で、その記入というのは接客直後が望ましいとされています。
プロ意識を持った風俗嬢というのは、こういった出勤中に記録した顧客ノートを見返して自分の記憶にもう一度刻みこんでいます。
接客中を思い出しながら、「もっとこうすれば良かったかも」、「次はこうしよう」、と反省と次の目標を自分の中で作っているのです。
やはり、お客様が喜んでくれるというのは、当然のように自分も嬉しくなると思われます。
お仕事の為に何かしらの努力を積み重ねている風俗嬢は、いざ接客でそれをお客様に喜んでもらえるということはとても嬉しいことでもあるのです。
逆に、お客様が喜んでくれなかったり、微妙そうな反応だった時にはその分落ち込んだりもします。
でも、それを次に活かしてまた明日から頑張る姿勢が大切で、以前にできなかった事ができるようになった瞬間はとても仕事にやりがいを感じるものです。
このやりがいを積み重ねて行くことで、仕事へのプロ意識が育まれていくということなのです。