マナーや言葉遣い

風俗店で働く女性のほとんどは、高収入を目的として風俗で働き始めることになります。
ですが、風俗嬢になったからといって誰でも高収入が得られるわけでもないのです。
風俗のお仕事というのは、基本的に完全歩合制としてお給料が発生してきます。
要するに、めちゃくちゃな繁盛店以外はお客様の指名というのが大きな鍵となってくるのです。
働き始めたばかりはわからないかもしれませんが、ある程度お仕事に慣れてくるとひっきりなしにお客様からの指名を受けたいと誰でも思うものでもあるのです。
そして、このお客様からの指名がたくさん取れるということにはメリットしか存在してきません。
今よりも指名が増えたとしたら、お給料がかなりアップして風俗のお仕事から卒業できる日が大幅に早くなるのです。
そういった風俗嬢になる秘訣は、仕事に「プロ意識」を持つこと以外ないように感じます。
実のところ、風俗嬢という職業はとても高度なものでもあるのです。
一般的には良いイメージを持たれない職業ですが、サービス中にしている事を一つ一つ見ていけば、それはとても価値があるものでもあります。
世間のイメージが悪いせいで、風俗嬢という職業について真剣に考えた人自体が少ないのが理由の一つであり、なかなか価値を見出しにくいものでもあるのも事実なのです。
要するに、「プロ意識」が身に付けば指名がひっきりなしになる事も決して夢ではないということです。
一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、「風俗は究極のサービス業」といわれています。
風俗嬢がお客様に提供しているのは、「喜ばせて活力を与える」ということです。
風俗嬢というのは、プレイを通じて人を喜ばせ、明日への活力を与える職業なのです。
では、なぜ風俗の仕事は究極といわれているのかといえば、それは本来求められるものが非常に多く、一つ一つを習得するのが簡単ではないからだといわれています。
そこで、本来風俗嬢に求められるものといえばどういったものなのでしょうか。
まず、一番大事なのは「マナー」という部分になってきます。
高級ソープとピンサロで求められるマナーが違うように、在籍するお店の料金帯で求められるマナーが変わります。
最低限の礼儀作法は変わりませんが、高級店になるにつれ相手を心地よくさせるマナーが求められるようになってくるのです。
ソープランドを例にすれば、お客様の洋服をきれいに畳んだり、服の脱ぎ方も厳しく指導されるお店もあり、時にはお客様の性格やノリに合わせて少し崩した接客をする事もあります。
この場合は、最低限の礼儀をわきまえつつ、相手と距離を縮める方法を覚えていく必要があるということなのです。
これと、同時に言えるのが「言葉遣い」になってきます。
ある意味、接客業で「言葉遣い」がなっていないということは論外に値するように思えます。